新電力は上手く利用すれば電気代の節約につながる!

契約前に知っておきたい新電力

電力自由化によって新規参入した事業者のことを、新電力といいます。PPSの名でも知られる新電力とは、従来の送電網を利用した新たなサービスです。契約先として新電力を選んだとしても、送電方法は変わらないので工事などは必要ありません。

既存電力会社と新電力の違いとそれぞれの特徴

独自の送電網を所有している・既存電力会社

私達がこれまで利用してきた電力を供給しているのが、既存の電力会社です。独自の送電網を所有しているため、新電力の事業者へ電力の販売も行っています。私達が新電力と契約を結び直さない限り、既存電力会社との契約が継続されます。

既存の送電網を利用した新しいサービス・新電力

大手電力会社から電力を購入して販売する新電力は、電力を作り出すために大掛かりな初期工事などは行っていません。サービスの提供に多くの人材を用意する必要もないため、電力を顧客に安く提供することが可能です。電力の品質が変わる心配もありません。

新電力は上手く利用すれば電気代の節約につながる!

コンセント

注目される電力自由化

従来はあらかじめ決められた電力会社と契約を結ばなければ、電気は供給されませんでした。しかし、電力自由化によって大手電力会社だけでなく、好きな新電力を選ぶことが可能となりました。様々な企業が新事業に参入し、これまでなかったお得なサービスを発表しています。新電力を利用すれば、企業ごとのオリジナリティのあるサービスを受けられるという点が魅力だといえます。

室内

新電力を選ぶ際のポイント

新電力を選ぶ際には、まずは電気料金を比較してみましょう。新電力だからと必ずしも従来の電気料金より安くなるとは限らないので、月額使用料の目安を比較してどちらがお得かチェックする必要があります。電話料金とまとめたり、インターネット回線の使用料金とまとめるなど、他のサービスと一緒に申し込むと純粋な電気代がわかりにくくなるので注意が必要です。他のサービスも合わせて申し込む場合は電気代だけでなく、トータルの料金を比較しましょう。

ファミリー

大阪で優良な電気工事専門業者を選ぶ方法

大阪には電気工事の専門業者がたくさん存在しますが、優良業者を選ぶ際にはまずは電気工事士の資格を有しているかを確認しましょう。また、見積書や作業内容の説明が明確であるか確認しておいてください。難しい専門用語を並べるようでは、見積書が正確か否か判断できません。良心的な業者は素人でも解りやすいように説明してくれるので、明細や説明が複雑で理解し難い場合は他の業者に依頼しましょう。

コンセント

電気工事に必要な費用の目安

電気工事は、施工内容や業者の料金形態によって費用が異なります。目安としては、照明器具の設置でで10万円から13万円程度、コンセントの設置で8万円から12万円程度です。スイッチやコンセントの数量で費用は異なりますし、配線の交換や設置が必要であれば更に費用はかかります。見積内容をよく確認して、本当に必要な工事だけ行ってもらうように依頼しましょう。

電力自由化は賢く利用すれば電気代が節約できる

電力自由化で様々なメリットやデメリットがささやかれていますが、上手く利用することで電気代が節約できます。契約前に料金プランをよく比較して、最もお得な新電力を選びましょう。事前の情報収集が何よりも大切だといえます。

広告募集中